2018年10月12日金曜日

JUKI MCS-900 カバーステッチミシンの修理

JUKI MCS-900 
カバーステッチミシンを目飛び修理でお預かりしました。


まったく縫えないのではなく、数センチに2~3針目飛びしてしまいます。
綿の厚手の生地で目飛びするようでは、ニット生地は縫えません。

2本の針とルーパーの調整が必要な為、針板を取り外しました。
針の後ろを通過するとき、隙間がありました。
これが原因で、隙間なく通過するように調整します。
底板を外し、前後の調整ネジがあり、取り付けネジを緩めて前後調整しましたが、隙間を無くすまでの調整はできませんでした。

ルーパーの取り付け土台のネジを緩めて、土台を前方に移動させて調整いたします。
左針とルーパーの隙間が無いように調整しました。

右針も隙間なく調整しています。
この後に針が曲がらないように針受けも取り付けています。
回転式の天びんを採用しています。
工業用のインターロックミシンはこの方式です。

他のメーカーのカバーステッチミシンは上下する天びんを採用しています。


ニット生地で試し縫いを行い、目飛びもなくなり修理完了です。

カバーステッチやチェーンステッチ、まつり縫いなどの環縫いミシンは、目飛びするとそこからほつれてきます。
目飛びしないように入念に調整が必要でした。

当社は安心の修理保証をつけておりますので、今後もお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿