2018年10月17日水曜日

ブラザーミシンPC-8000 動きが悪いミシンの修理

ブラザーPC-8000動きが悪いミシンをお預かりしました。

PC(BC)シリーズの上位機種になります。
この上位機種にワイドテーブル、ニーリフター(膝上げ)上送りなどを装備していた、キルト仕様機種がありましたが、模様数は同じです。
PC-8000は文字・アルファベット・簡単な飾り模様も縫えます。
このシリーズは糸通しを説明しただけで売れたこともありました。

動きが悪い修理依頼の為、前面カバーを取り外しました。
モーターの下部分ですが、ホコリが溜まっています。
カマの内部は掃除してありましたが、周辺にはホコリが溜まっていました。
よく活躍しているようです。

動きの悪い原因は針棒クランクとクランクロットの固着でした。画像は分解途中ですが矢印部分を取り外します。
左が針棒クランクロット、右が針棒クランクです。黒く汚れていた部分が、固着してた部分です。  
取り外すのに、ちょっと時間が掛かりました。

針棒クランクをサンドペーパーで磨き、クランクロットは内部をヤスリで研磨して、軽く動くようにして本体に取り付けました。
カマの横の糸切り装置です。
矢印のところは糸保持板です。通常フエルトみたいなブラシが付いていますが、外れていました。
これが無いと糸切り後の縫い始めが、鳥の巣状になってしまいます。
先にメスの交換をしました。(カッターの刃)
フエルト状のブラシを貼り付けました。
これで糸切り後、きれいな縫い出しができます。
前後の送り調整がズレていた為、文字がくずれていましたが、調整を行い文字もきれいに縫えています。動作が重かった原因のクランクの固着は研磨で軽快になり修理完了です。

10年くらいご使用でホコリも溜まっていましたので整備が必要だったと思われます。
これからも末永くご使用ください。

当社では安心の修理保証をつけておりますので、今後もお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

2018年10月16日火曜日

ブラザーミシン TA-626の修理

ブラザー TA-626職業用ミシン、糸が切れる症状でお預かりしました。

ブラザーのポータブル型職業用ミシンの2代目になります。
上位グレードには送り歯から針が出てベルベットが縫いずれしない、627型があり当時よく売れていました。
糸切れの原因は、針の向きが逆になっていた為で、正常に取り付けると問題なく縫えました。

一通り点検していますと、中カマの回転止めが浅かったので調整が必要でした。
中カマと回転止めです。
隙間が広く、糸が絡んだ時に外れそうです。
裏から、回転止め(カマ止め)を調整します。
底カバーを取り外しました。
ホコリは無くきれいな状態でしたが、調子悪かったので油を差されたようです。


油が変色や酸化したら、汚れが落ちなくなるので拭き取りました。
底からの画像です。カマとカマの回転止めの隙間を狭くします。
回転止めのネジを緩めて調整しています。

30番の糸が通る程度に調整しました。
糸調整は下糸が強く、ボビンケースで調整し、試し縫いを繰り返して、問題なく縫え修理完了です。
30年以上ご使用のミシンですが、手入れもよくご愛用されていて、きれいな状態でした。
全体の点検を行いましたが、まだまだ使えそうです。 末永くご使用ください。

当社では安心の修理保証をつけておりますので、今後もお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

2018年10月12日金曜日

JUKI MCS-900 カバーステッチミシンの修理

JUKI MCS-900 
カバーステッチミシンを目飛び修理でお預かりしました。


まったく縫えないのではなく、数センチに2~3針目飛びしてしまいます。
綿の厚手の生地で目飛びするようでは、ニット生地は縫えません。

2本の針とルーパーの調整が必要な為、針板を取り外しました。
針の後ろを通過するとき、隙間がありました。
これが原因で、隙間なく通過するように調整します。
底板を外し、前後の調整ネジがあり、取り付けネジを緩めて前後調整しましたが、隙間を無くすまでの調整はできませんでした。

ルーパーの取り付け土台のネジを緩めて、土台を前方に移動させて調整いたします。
左針とルーパーの隙間が無いように調整しました。

右針も隙間なく調整しています。
この後に針が曲がらないように針受けも取り付けています。
回転式の天びんを採用しています。
工業用のインターロックミシンはこの方式です。

他のメーカーのカバーステッチミシンは上下する天びんを採用しています。


ニット生地で試し縫いを行い、目飛びもなくなり修理完了です。

カバーステッチやチェーンステッチ、まつり縫いなどの環縫いミシンは、目飛びするとそこからほつれてきます。
目飛びしないように入念に調整が必要でした。

当社は安心の修理保証をつけておりますので、今後もお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

2018年10月11日木曜日

シンガーミシン 2710 動きが悪いミシンの修理

シンガー コンピューターミシン2710 動きが悪く修理でお預かりしました。

原因の確認の為、針板や前面カバーを取り外して点検です。
針板を取り外しましたら、糸が内カマと糸切り装置にの間に絡んでいました。
糸を取り除き、絡んでいた部分を確認すると糸切り装置のメスが飛び出していました。
通常飛び出すことはありません。
ボビンのセットが不充分で糸が絡み、その状態で糸切りボタンを押されて故障したのだと思います。
飛び出していたメスを新しいメスに交換して調整しました。
動作が悪かったのは、カマに糸が絡んでいた為で、取り外してからは軽く動くようになりましたが内部の点検と注油を行っています。
試し縫いを繰り返し、縫い調子も良好で動作も軽くなり修理完了です。

今回は、ご使用期間が短かったので簡単に直りました。

当社では安心の修理保証をつけておりますので、今後もお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

2018年10月10日水曜日

ハスクバーナ サファイア 870 QUILT の修理

ハスクバーナ サファイア870 はずみ車が回らない。糸切り後、動作が重くなったミシンをお預かりしました。

ハスクバーナのキルト仕様のモデルです。
懐が広く大きな作品も、楽に縫えます。
10年くらいご使用で、全体点検・整備の依頼も受けました。
後ろカバーを取り外しました。
懐が広い為、頑丈なアルミフレームを使っています。
フリーアーム部分も長く、袋状の物やズボンの奥なども縫いやすいと思います。
前面カバーを取り外しました。
コンピューターとパルスモーターで制御している為、上部の中央部分は上軸だけでくシンプルな構造です。
フリーアーム部分も部品点数が少なく、シンプルな構造です。
カマの底部分ですが、若干のホコリがありますが、内部はきれいな状態です。
針棒付近も若干のホコリがありますが、きれいな状態です。
カマ内部はお手入れされているようで、きれいな状態ですが、カマの下にはホコリが若干あります。
この状態でカマに傷が無いか確認しましたが、問題なさそうです。
ただ、音が若干大きかったので、カマの回転止めを調整して静かになっています。
自動糸切りのメスです。
最近の自動糸切りは、カッターの刃を使っている機種が増えています。
交換をして元に戻しています。

以前は、糸切りカムを使い「ガッシャン」と大きな音がして切れていましたが、この機種を含めモーターの音だけです。
針が前方に落ちていた為、中央に落ちるように位置を調整しています。

針穴糸通しフックの先端が欠損していましたので交換しています。











全体の掃除と注油を行い動作も軽く動くようになっています。
試し縫いを繰り返し行い、縫い目も問題なくきれいに縫え修理完了です。

当社では安心の修理保証をおつけしておりますので、今後もお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

2018年10月9日火曜日

シンガーミシン SN-24Sai 送り不良ミシンの修理

シンガーSN-24Sai送り歯が上がらないミシンをお預かりしました。
ご購入して4年ほど経過しているミシンです。
ひらがな・アルファベットなどの文字が縫え、ワイドテーブル・フットコントローラー・ハードケース付きで販売価格4万円ほどで購入できます。

糸切りはありませんが、充分に使え装備も充実しています。
現在も販売されていて、発売当初よく売れていました。
ご依頼の送り歯が上がらない原因は送り歯を上下させるカムが固定ピンから外れていました。
この固定ピンは楕円形状になっていて外れると簡単に戻りません。

楕円形のピンを水平方向にしてカムの溝に入れ込み元に戻しています。
(ピンの形状とカムの溝をきれいに合わせる必要があります。)
ピンと溝を合わせた後、手ではずみ車を回したところ異音がします。
再度確認したところ水平送りの固定ピンが外れそうになっていました。
固定ピンを正常な位置に戻し、鍋ネジを締め付けて送りの横ぶれは解消しました。
カマの回転ギア、送りの上下カム、前後送りカムが汚れていましたので、拭き取り新しいグリスを塗っています。

内部の掃除と注油を行い、試し縫いは若干の模様ズレがあり、調整を行い修理完了です。

通常は、ピンから送り上下カムは外れません。ミシンの後ろにあるドロップフィードで、送り歯を下げて元に戻らなかったので、底カバーを外されたと思われます。  取り付ける時にドロップフィードを元に戻されてなく、今回の故障になったと思われます。

当社では安心の修理保証をおつけしておりますので、今後もお困りのことがあればお気軽にご相談ください。